DEN(電)気があれば何でも出来る!!

DEN(電)気があれば何でも出来る!!

アンカー打ち練習

新しく一緒に働く仲間の

初アンカー打ち練習を行いました。

 

アンカー打ちとは・・・コンクリートに穴を開けて、専用のピンを打ち込みます。そのピンからボルトを出して資材を入れ、ナットで固定をする作業で電気屋さんの場合は主に天井にこの作業を行います。

 

たまたま早く帰社した先輩社員が実践で見本を見せながら細かな所まで説明してくれました。

f:id:taishin_BLOG:20200413102229j:plain

 

 ↓  初めての実践

f:id:taishin_BLOG:20200413102359j:plain

 

この日は、日本ヒルティさんの営業さんがタイミングよく来社しており普段使っている工具ですが、細かなアドバイスを頂けて『講習会』さながらの貴重な時間となりました。

f:id:taishin_BLOG:20200413102955j:plain

f:id:taishin_BLOG:20200413103023j:plain

手前が日本ヒルティさん担当営業さんです。

お時間頂きありがとうございました。

 

 

新たに入社するスタッフは全くの畑違いからの入社です。この日教わることも含めて初めてづくしが続き実践はまだまだこれからですが、電気工事士の仕事は幅広いので正しく学び、一つ一つの技術を自分のものとしてくれるよう願っています。

 

 

 

 

 

社内講習:高圧ケーブル直線ジョイント

社内にて高圧ケーブル直線ジョイント練習会を行いました。

現場では頻繁に行う作業ではありませんが電気を送るには重要な作業です。

 (電力会社からオフィスや建物に電気を送るのに一番重要な電線の元になります)

 

f:id:taishin_BLOG:20200402154505j:plain

上の写真は・・・ケーブルを一人一人が作業できるように切断、準備しています。

 

 

ケーブルシースの剥ぎ取り作業①

f:id:taishin_BLOG:20200402155304j:plain

 

ケーブルシースの剥ぎ取り作業②

f:id:taishin_BLOG:20200402155512j:plain

 

 

 

続いて・・・アースクランプ取付作業

f:id:taishin_BLOG:20200402155619j:plain

 

 

こちらが完成品です。

f:id:taishin_BLOG:20200402155741j:plain

 

現場では作業時間や限られた作業スペースで行うため

慎重さも必要で、失敗が出来ない作業となります。

今回はたまたま消費期限が切れるキットが有ったので破棄せずに有効活用となりまし

た。

 

 

次回もこのような作業記事をUP出来ればと考えています。

 

 

 

 

電力協会施設研修:ストロベリーパークと東京湾アクアライン海ほたるの裏側へ

 

弊社が加入している電力協会さんの(東京電力、上野支社管内の自家用需要家と電気工事組合の店社が主となって作る東京電力様の協力会です)研修に参加して参りまし

た。

 

f:id:taishin_BLOG:20200217113236j:plain

 

ストロベリーパークは横浜火力発電所内にある、元野球場に作った温室施設でレストランやスイーツショップがります。が、団体客はいちご狩りは出来ないようで残念でした。温室は空調・給水設備が整った3000㎡の立派な物で、電気(火力発電所)がすぐ隣りという立地でCO2の削減にも役立っているというお話でした。

 

f:id:taishin_BLOG:20200217113158j:plain

 

続いて午後は

 

f:id:taishin_BLOG:20200217113352j:plain

 

アクアラインのトンネルを通り海ほたる内へ移動し説明VTRを見た後に、自動車がビュンビュン走る本道では無く、本道下にある避難点検用トンネルが実在します。

このトンネルは換気の為気圧を2~3hp程高めてあり、扉も密閉式です。

本道でトラブルがあった時には300M置きにある避難口から滑り台でこのトンネルに降りて来られる仕組みとなっています。

 

f:id:taishin_BLOG:20200217113427j:plain

 

このトンネルには避難・連絡用の設備一式が揃っており、自分が降り立った現在位置、トンネル出口の近い方向など書いた図が貼られていて一目瞭然でした。

 

 

f:id:taishin_BLOG:20200217113545j:plain

f:id:taishin_BLOG:20200217113810j:plain

右奥に見えるのが滑り台です

 

どこに居ても危険はありますが出来ればトンネル内のトラブルにはあいたくないので

当社も日頃の車両点検と安全運転を更に心がけるよう想いを強くした貴重な体験でした。

 

新年明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

f:id:taishin_BLOG:20200107160943j:plain

 

 

昨年は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年も、より一層のご支援を賜りますよう従業員一同、心よりお願い申し上げます。

 

 

新年を迎え近隣の小学校、工場、駅など多岐にわたる現場が始まりました。

社員が公私共に成長し、健康で安全に仕事ができるよう安全祈願に行って参りました。

 

f:id:taishin_BLOG:20200107161323j:plain

 

f:id:taishin_BLOG:20200108101115j:plain

f:id:taishin_BLOG:20200108101145j:plain

 

f:id:taishin_BLOG:20200108101207j:plain

 

 

休日で全員参加ではありませんが11名が参加し祈願していただきました。

綾瀬稲荷神社様いつもありがとうございます。

 

 

第1回 りんご狩り

前回のブログで触れましたリンゴの収穫体験をしてきました。

f:id:taishin_BLOG:20191213144845j:plain

晴天に恵まれリンゴの赤も映えます

初日は観光で善行寺へ。

善光寺は・・・日本最古といわれる仏像があり年間600万人も訪れるそうです

国民の祝日ということもあり、国内・海外からの観光客や修学旅行生など、老若男女を問わずたくさんの人たちが訪れており、おかげでお昼もお店にもなかなか入れず、初日から長野県の洗礼を受けました(笑)

 

f:id:taishin_BLOG:20191213145542j:plain

さらに 

善光寺といえば「お戒壇めぐり」が有名ですが、入るのに30分以上かかるということもあり、今回は断念しました(T ^ T)

しかし!せっかく来たのだから、高いところから善光寺及び長野市内を眺望できる山門にみんなで登りました!善光寺本殿に向かってみんなで安全祈願(!?)をしています。

 

いよいよ2日目 メインのりんご狩りです。

りんごの木は、台風被害も少なく立派な木です。

f:id:taishin_BLOG:20191213154241j:plain

 まずは、脚立に登り袋へ収穫。

 

 

f:id:taishin_BLOG:20191213160839j:plain

手作業でりんごを一つずつ枝から外します

 

 

f:id:taishin_BLOG:20191213161117j:plain

大きさや色を均等に箱詰め作業を行いました

サイズは大小と様々で、色づき加減のバラつきはあっても段ボールはトータルで20箱という量を収穫できて自然の力の偉大さを改めて実感しました。

私達はたまに農園に行き作業のお手伝い程度ですが

収穫までの作業工程がこんなにもあるとは驚きました。

(JA全農長野様よりお借りしました)

1. 剪定 (1月~3月)2. 授粉 (4月中旬~5月中旬)

3. 花摘み・摘果 (5月下旬~7月下旬)4. 着色管理 (8月中旬~11月上旬)

5. 収穫 (8月中旬~12月上旬)

f:id:taishin_BLOG:20191213162416j:plain

このうち当社が参加できたのは、3と5でりんごの実自体は素手で簡単に取れるのですが、高い所になっているものは脚立に登って取らないといけません。

 

 ここで豆知識として・・・建築の場合、脚立というのは水平な状態に設置し、狭いところでしか使用してはいけないというルールがあります。(それだけ不安定な体勢になり落下事故に繋がりやすいということがあります)今回のりんご狩りでも、日々心がけている「安全は全てに優先する」気持ちで、不安定な体勢を取らず、近くにいる仲間とコミュニケーションをとりながら、無事に全てのりんごを収穫することに成功しました!

 

f:id:taishin_BLOG:20191213162847j:plain

 

社員は普段、都内各所の様々な現場で仕事をしているため久しぶりに会う仲間でもイベントは皆でワイワイと楽しむときは楽しむ!仕事をするときは仕事に向き合う!!とメリハリを大切にしています。そして、いよいよ師走となり引き続き安全作業で年末年始を迎えられるよう改めて気を引き締める時期の到来です。

 

 

 

【研修】外部にて職長教育研修

 

 

先日、取引先様が主催された『 職長教育研修 』を二日間みっちり勉強してきました。

 

f:id:taishin_BLOG:20191101140032j:plain

箇条書きで整理!!・・例として社内イベント向け??!

 

とはいえ、建築業界に携わらない人には「職長」というワードが

ピンと来ないと思うので、簡単に説明します。

建築現場は大きく分けて監督さんと職人さんという二つの業種があります。

  

〇監督・・・建物を建てたい依頼主や他業種と工程を調整したり、図面を

 描いたりして職人に「こういう建物を建ててほしい」と指示を出します。

〇職人・・・それらをベースに工事しますが、図面通りにはいかない場合は

 経験知恵技術を使って建物を作っていきます。

 

大きな現場になればなるほど、監督も職人も人数が増えます。そうなると意思疎通が取りづらく、効率も悪くなり、最悪の場合は事故にもつながりかねません。

そこで職人さん達をまとめるリーダーとして「職長」が必要となります。

(スポーツで例えると監督の指示をチームに伝えるキャプテン的存在です!)

 職長の仕事は職人達に監督の指示を正確に伝え、安全に効率良く仕事をしても

らうこと。そして現場や職人達の状況を把握し、問題点があれば監督に伝え、直ちに改善していかねばなりません。

 

 

受講内容で得た大事なポイントを2お知らせします。

 ①「伝える」と「伝わる」の違い。

「伝える」というのは発信した側の一方通行で相手が理解していない状態です。

それに対して「伝わる」は、発信を受けた側が理解し、その通りに実行できる状態です。自分の指示を他の人に実行してもらうとき、相手の目線に立って話をすることが

大切になります。

②雰囲気は伝染する。

明るい雰囲気でいれば自然と周囲もつられて明るくなり、活気が出ます。

逆に暗い雰囲気でいればそれが周囲のプレッシャーになってしまいます。

過剰に明るくする必要はありませんが、みんながリラックスして活発に仕事に

打ち込めるムードを作りあげることが、職長の大切な役割の一つです。

 

今年も残すところあと二ヶ月となりましたが、引き続き業務や業務外の内容も発信していきます(^^)

よろしくお願いします!!!

 

 

 

・・・事務員日記・・・

今回、若手社員の中から選抜した2名が受講させて頂きましたが

キーポイントの①、②は建築現場に限らず、どの企業でも家庭でも

人と人が関わる日常だからこそ、意識して取り入れられる重要な

要素だなと感じました。実りある研修をありがとうございました。

 

 

 

 

 

入賞のボウリング大会

先週の日曜に当社の所属する

東京土建足立支部さんの主催でボウリング大会があり

泰信電設からは若い職人さん、職人さんのご家族に

ご参加いただき合計9名で参戦してきました。 

f:id:taishin_BLOG:20191009134251j:plain

闘志みなぎる背中!!?

 

子どもから大人まで参加できる大会で

結果は、、、、

9名中8名がタイトルを取ることに成功!!!

組合に泰信旋風を巻き起こして参りました(笑)

f:id:taishin_BLOG:20191009134452j:plain

20代コンビのふたり

 

 

 

 

ちなみにタイトル結果は下記の通り。

■タイトル一覧

子どもの部         1位、4位、5位

男子の部             2位、3位、ブービー

女子の部             ブービーメーカー

その他                ターキー賞(2名)

 

タイトルを取れなかった1名も、団体参加賞で

つぶつぶコーンをもらいました。

(組合の幹事様、お気遣い本当にありがとう御座います!!!)

 

f:id:taishin_BLOG:20191009134949j:plain

ワイワイと盛り上がりました!

 

来週には長野にある会社のリンゴの木の葉落とし。

来月はリンゴの収穫や電気工事技能大会とイベントが

盛りだくさんとなっております。

(もちろん本業である電気工事の内容も発信して参ります!!!)

『 リンゴの木 』についてはまた追ってお知らせします。

 

 

引き続き宜しくお願い致します!!!